東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻酒井・泉研究室

TOP > 研究紹介

有人ロケットの緊急脱出システムにおける人体安全性評価

有人宇宙輸送システムを実現させるためには,人体の安全性評価技術の獲得が必要不可欠である.そのためには緊急離脱時やカプセル着水時における衝撃に対する人体の傷害リスク評価が求められる. 宇宙分野においてはこれまで簡易的な質点解析により傷害リスク評価を行ってきた.それをより詳細なマルチボディ解析や有限要素法によって実現する手法を確立した.これにより座席の影響を考慮することや,人体にかかる負荷や傷害確率を部位ごとに知ることが可能となった. 有限要素法を用いた脳の詳細解析による傷害基準の策定や,カプセル着水条件と各部位の傷害の傾向を明らかにした. 本研究では最終的に加速度や座席条件に対する傷害との関係を明らかにすることで,ロケット設計に資するような安全裕度マップの作成を目指す.

本研究では最終的に加速度や座席条件に対する傷害との関係を明らかにすることで,ロケット設計に資するような安全裕度マップの作成を目指す.

参考文献

H27年度卒業論文:有人宇宙カプセルのALE着水解析と人体ダミーのマルチボディダイナミクスによる傷害評価

H27年度修士論文:有限要素法を用いた有人ロケット緊急離脱時における人体傷害評価及び傷害メカニズム解明

kapuseru

有人宇宙カプセルのALE着水解析

 

動画

Multi-body simulation about water splashdown impact

Impact test to validate dummy's behavior at JARI (Japan Automobile Research Institute)

Copyright (C) 2002-2013 . Fracture Mechanics Laboratory, All rights reserved..