東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻酒井・泉研究室








Introduction

研究室紹介

酒井・泉研究室では、材料力学・有限要素法・破壊力学・信頼性工学をベースに構造物の強度・信頼性に関する研究を幅広く行っている。
メンテナンスへの応用が注目されているリスクベース工学、有限要素法・転位動力学・分子動力学を組み合わせたナノからマクロまでの材料強度のマルチスケールシミュレーション、マイクロ/マクロスケールの材料強度試験などが現在の研究分野である。
これらの研究は基盤技術として、共同研究を通じ、航空/宇宙、半導体、MEMS、鉄道車両、発電所、化学プラント等に適用されている。

<研究テーマ>
- マルチスケールシミュレーション
- リスクベースメンテナンスへのベイズの定理の応用
- ボルト締結体のゆるみ機構の三次元有限要素法解析
- クリープボイドのEBSDによる三次元解析
- 半導体素子への分子動力学・有限要素法解析の応用
- 鉄道信号設備の効率的な保全手法に関する研究



News

 

2017年9月8日

田村陽平(修士2年)が「第78回応用物理学会 秋季学術講演会」にてPosterAward賞を受賞しました

 

 

2017年5月26日

榊間大輝(博士1年)が「第2回マルチスケール材料力学シンポジウム」にて優秀学生講演賞を受賞しました

 

 

2017年3月23日

高本 聡(博士3年)が工学系研究科長賞を受賞しました

 

2016年7月26日

曲 強(博士3年)が「2016 Pressure Vessels & Piping Conference」においてHonorable Mention Paper of PhD category of the 24th Annual Student Paper Competitionを受賞しました

 

2016年6月8日

泉教授が「MSC Software 2016 Users Conference」においてポスターセッション優秀賞を受賞されました

受賞タイトル「宇宙機器用転がり軸受の形状誤差に起因する振動のマルチボディダイナミクス解析」

小杉(学部4年)と泉教授による合作

 

2016年5月27日

高本 聡(博士3年)がマルチスケール材料力学シンポジウムにおいて優秀学生講演賞を受賞しました

 


過去のニュースは、こちら



Copyright (C) 2002-2016 . Fracture Mechanics Laboratory, All rights reserved..